「何事をやるにも失敗を恐れてはいけない。」って、何かをやっていく時に気持ちを奮い立たせてくれる言い方です。でも失敗をした時に掛かってくるリスクことも考えて置かないと実際には大変なことになってしまうのです。

ですから事前にリスク計算をして置くことは重要項目です。FXをやっていく時にもリスクが掛かってきますが、予測に反した為替の動きが発生して、損金の額が許容範囲を超えてしまう場合です。

でもリスクを背負わないと良い結果を導きだせないのも確かです。リスクを抑えていくと何も始まらないのがFXですが、FXを安定的に着実にやっていくには、「ローリスクローリターン」を考えて見ては如何でしょうか。FXはそんなに甘くはないので、少しずつコツコツと利益を増やしていくものなのです。

そして何より大事なのが、FXトレードには、為替の典型的な動きについて理解して置かないといけません。

基本的な為替の動きは、ある一定したレートの間で、上限と下限が決まった幅で上下にジグザクしていくと覚えて置きましょう。これがよく言われる「レンジ相場」とか「ボックス相場」です。

トレードでは、下限で買って上限で売れれば、その差額が利益になるのです。でもレンジ相場では、大きい利益は得られないのです。でもレンジ相場はいつまでも同じレートに留まらない性格を持っています。

じっとしてられなくて、エネルギーが溜まったところで、一気に大きく上下するものです。レンジ相場が長ければ長いほど動きだすと大きく動くのは、今迄のチャートを見ていると分かりますよね。